なかミューのご紹介

  • HOME »
  • なかミューのご紹介

about_ph
なかはらミュージカル「なかミュー」は、もともとは新中原市民館の開館の記念事業として2009年4月に行われたイベント、「NAKAHARA ACT STREET」(NAS)から生まれました。

中原が区制40周年を迎え、NASも5回目ということで、「なにか新しい事をやろう!」という声があがりました。
そこで「中原区制40周年記念事業」として、中原区初の市民ミュージカル「なかはらミュージカル(なかミュー)」を立ち上げました。出演者を公募したところ、下は5歳から上は70歳までの、幅広い年代の方が集まり、2013年2月16日に中原市民館多目的ホールにて第1回のミュージカル「水の郷のものがたり」を上演しました。

キャスト、指導者、スタッフ一丸となり、本番の舞台は大成功に終わりました。公演の様子はこちらから。

新たなコンセプトのもと、2013年度より「なかはらミュージカル」はNASから独立し、中原区地域課題対応事業としてスタートしました。

PAGETOP
Copyright © なかはらミュージカル実行委員会 All Rights Reserved.